All posts by jimmy

自治会もこなす近所の税理士さん


先日、毎年恒例の自治会が開かれました。
今年度の自治会の会長さんは、税理士をしている小野寺さん(仮名)です。
会長さんになると、その1年間は何かと忙しいらしいんです。
でも、小野寺さんって税理士をしているのに、大丈夫なのかな~?
ま、税理士って確定申告の時期はめちゃめちゃ忙しいみたいだけど、その頃に自治会の行事はほとんどありませんから大丈夫ってことでしょうか。
ゴミ出しのときに斎藤さんの奥さんとたまに会ったら、あいさつをする程度なんですけどね。
ゴミ出しのグループが同じで、ちょうど斎藤さんちの家のあたりに収集場所が設置されているんです。
だいたい5~6軒が同じ場所にゴミを出すようになっていて、1ヶ月間ゴミ当番というのが回ってくるんです。
その1ヶ月は、週2回のゴミ出しの日、収集車が通ったあとの掃除をすることになっています。
それが年に2回まわってきます。
早くから仕事に行かれるお宅は、あまり当番に当たっても放ってあるんですが、そんなとき、斎藤さんの奥さんが何も言わずお掃除しているんですよね。
さすが、税理士の奥さんって感じです。
もうすぐ自治会のメインイベントである、町内清掃があるのでそのときに斎藤さんの奥さんとお近づきになれたらな~と思います。

虫歯になったら歯医者は必須


人間の皮膚にはケガをすると、自然治癒する力が備わっていますよね。
すりむいたり、どこかで打ったり切ったりしてしまっても、時がたてば人間の皮膚は自然に治っていくものです。
ところが「虫歯」だけは、治ることはなく、時がたてばたつほど、どんどん悪くなっていくだけです。
そうなると「もう歯医者に行くしかない!」常識で考えるとそうだし、現にそうですよね。
歯医者に行って、あの「キーーーン」という機械音を聞くことになるのです。
口の中には、常在菌というものがあり、常在菌は、外から有害なものが入ってきたときのために定着しているものです。
常在菌が出しているものが「プラーク」というものです。
そのプラークが、バリアとなって歯を守っているのです。
そこへ、糖質(酸)が入ってくると、歯の成分のカルシウムやリンを溶かしてしまうんです。
その現象を、虫歯の状態「脱灰」といいます。
糖質というのはご存じかと思いますが、甘い砂糖だけでなくご飯やパンなどの炭水化物にも多く含まれています。
ほんのちょっとの糖質で虫歯になるので、糖質制限ダイエットをしている人でも余裕で虫歯になります。
虫歯の治療は、早ければ早いほど痛みもなく値段も安く、期間も短くて済むので一刻も早く歯医者に行く方がいいですね。

相続税を納めなければいけないのは誰?


誰かが亡くなると、相続が発生してきますが、相続税は誰が支払うものなのでしょうか?
全く関係のない人であれば、もちろん支払う必要はないでしょう。
まず単純に、遺産をもらった相続人であれば、相続税を納める必要があります。
続いて、遺言書によって遺産を受取った人、これは相続人とは呼ばず、受遺者と呼びます。
受遺者という言葉があったことすら知らなかったので、相続に関する特別な用語というものも、結構あるのかもしれませんね。
まずは、相続人と受遺者が相続税を納める必要のある人です。
続いて、相続人の中で、生前(相続発生前3年以内)に贈与を受けた人は、相続税を支払う必要があります。
さらに相続を放棄したものの、保険金の受取をした人も、相続税の支払をおこなう必要が出てきます。
相続について考える場合、上記の4つのパターンに自分が当てはまっているのかチェックすると分かりやすいかもしれません。
しかし、全ての相続人が納税の義務があるというわけではありません。
例えば、相続人が海外に住んでいる場合などは、相続税が免除される場合もありますが、詳細は弁護士に相談する方が良いでしょう。

帽子をかぶっての美容院行き!気になることは?


寒い季節になるとニット帽が恋しくなる人もいるでしょう。
外出時はもちろん、部屋のなかでも着用すると温かく感じられます。
そのため、暖房費の節約に役立つかもしれませんね。
ただし、大事な用事がある日は、帽子をかぶらないほうがよいでしょう。
帽子でペシャンコになった髪の毛は、そう簡単には元通りにはならないからです。
私は、運転免許証の更新時に行う写真撮影のとき痛い失敗をしたので、帽子の着用には慎重になっています。
このような経験から、美容院へ行くときも、帽子をかぶるかどうか考えたほうがよいと思いました。
美容院でカットするだけの場合も、仕上げのブローは一般的ですよね?
しかし、帽子をかぶることで、せっかくのヘアスタイルが台無しになってしまいます。
もちろん、帰宅後にシャンプーすると、同じヘアスタイルの再現は難しくなります。
美容院で受けた施術をいつまでも保つことは不可欠です。
それでも、せっかくお金を出して施術を受けるのだから、少しでも長く、よい状態でいれられるように意識しましょう。
些細なことかもしれませんが、重要なことです。
美容院へ行くときは、帽子をどうするか検討してみてはいかがでしょうか。

弁護士を通して養育費の取り決めをします


離婚したのですが、養育費の取り決めを行っていなかったので、これから弁護士さんにお願いして申し立てをしようと思っています。
そこで気になるのが費用です。
初めての事なので、一体どうすれば良いのかわかりません。
しかし、きちんと弁護士さんに入ってもらって、取り決めをしないと、ずっとモヤモヤしたままになってしまいます。
親に相談したところ、まず自分で調停を申し立てるのが良いのではないかと言われました。
実は、家事調停を自分自身で申し立てる人は結構多いらしいです。
申立書の書き方なども、裁判所に相談すれば、教えてくれると言われました。
最初から弁護士を頼まなくても、自分で出来ることをやってみれば、費用を抑えることが出来ると言います。
しかし、自分でできるか心配ですし、調停に応じてもらえなかったらどうすれば良いのでしょうか。
調停に出てきてくれるとは思いますが、こちらに少しでも有利に話を持っていくには、やはり弁護士さんにお願いしたほうが良い気がするのです。
まずは、費用を知りたいです。
その費用を知ったうえで、どうするのがベストなのか、考えたいと思います。

留学先を決めるときは物価を意識することも


海外留学をすることで、これまでできなかった貴重な経験ができます。
また、海外から日本をみることで、日本の良さを再認識する機会にもなります。
さらに、人気の留学先には世界各地から訪れることも多いため、世界中に友だちをつくることも可能です。
このように、留学を通じて得られるメリットを考えると、事情が許すのなら留学したほうがよいかもしれません。
しかし、留学のためには多額の費用が掛かるとの覚悟が必要です。
また、アメリカをはじめ、物価が高い国も少なくないため、行き先選びは慎重に検討しましょう。
その一方で、物価が安い国もあり、留学先としても注目されています。
フィリピン留学も選択肢のひとつ。
ちなみに、フィリピンの公用語は英語とフィリピン語です。
また、英会話教室の講師にフィリピン人が多いことも大きな特徴となっています。
さらに、定年退職後などに移住する人の間でも人気の国です。
その理由として、年間を通じて過ごしやすい気候のところが多い、物価が安いなどが挙げられます。
海外で不安なく過ごすには、経済的に安定することも不可欠ですよね。
これは、海外留学にも通じる話です。
留学を検討中のみなさんは、ぜひとも参考にしてください。

税理士と顧問契約を結ぶ?結ばない?


会社を経営している多くの経営者が税理士と顧問契約を結んでいますが、中には税理士をつけていない経営者もいますよね。
税理士をつけない事にもメリットはあり、なんといっても顧問料がかかりません。
税理士にかかるコストは高く、収益を圧迫する場合もあります。
また税理士を顧問契約を結ぶと必要な手間がかかり、通帳や
契約書のコピーなどそれなりに整理整頓をする必要があり、自分で会計や税務の処理ができればリアルタイムで経営を把握することができます。
税理士をつけない事にもメリットがありますが、デメリットもあります。
それは決算や申告の正確性に疑問が生じ、経理職員を雇うよりも税理士に任せた方が安上りです。
また会計や税務などの作業を行っていると、本業に集中することができなくなるので税理士と顧問契約を結ぶ経営者がほとんどなのです。
税理士と顧問契約を結ぶかどうかは経営者次第ですが、もし税理士を探しているなら税理士紹介サービスを利用してみるといいですよ。
あなたの要望にあった税理士を無料で紹介してくれるので、税理士探しの手間を省くことができます。

DVD制作で「こだわり」を持ちたいこととは?


撮影した動画を残すものとしてDVDは身近な存在です。
ビデオテープよりもスリムなので収納しやすい、長期保存に向いているなど、DVDには多くのメリットがあります。
そのため、結婚披露宴で新郎新婦を紹介する画面や、身近な人からのビデオメッセージを記録する記録媒体としても、重宝するではないでしょうか。
よいDVDをつくるためには、編集が鍵を握るといっても過言ではありません。
数ある写真や映像のなかから、DVD制作に使うものを選び出すのは大変です。
個人の希望もありますが、すべてを受け入れるのは不可能ですよね。
そのひとつに「テロップ」があり、どのように入れるのか決める必要があります。
映像とのバランスもあるため、その辺が難しいのではないでしょうか。
このような事情から、DVD制作をするときは専門業者に依頼したほうがよいかもしれませんね。
DVD制作会社では多くの作品を手掛けているため、的確なアドバイスがもらえます。
「あれも」「これも」と欲張りすぎると、逆効果になってしまいます。
よりよい作品に仕上げるためには、写真や映像の持ち味を生かすことがポイント。
そのためにも、DVD制作会社に相談してはいかがでしょうか。

留学先を国内にするメリット


なにかと話題になることが多い「留学」。
有名人やスポーツ選手の留学情報を見聞きすることが、関心を持つきっかけになるのかもしれません。
自分の夢を形にするための留学!あこがれますよね!
ただし、留学するためには、いろいろな準備が必要になります。
パスポートやビザの取得など、書類上の手続きはもちろん、留学中の生活費や学習に必要な費用、渡航費なども掛かります。
このような理由から、留学したい思いがあっても、なかなか実行できない人もいるのではないでしょうか。
しかし、対象を国内にすれば、留学の可能性が大きく開けてきます。
国内留学のなかには、英語の習得を目的としたものもあります。
たとえば、国内の外国人家庭にホームステイすることで、英会話が上達しますよね。
英会話スクールの合宿に参加するのも、選択肢のひとつではないでしょうか。
このような理由から、国内留学のメリットが注目されています。
国内留学は、海外留学よりも費用が安くて済みます。
治安面での心配が少ない、病気や怪我のときに健康保険証が使えるなど、いろいろなメリットがありますよね。
留学を考えているみなさんは、行き先を国内から選んではいかがでしょうか。

息子には予防歯科に力を入れたいなぁ…


今年から小学三年生の息子は、三歳くらいの頃からある持病があるんです。
定期的に嘔吐を繰り返す病気「自家中毒」と呼ばれたり「周期性嘔吐症」「アセトン血性症候群」など様々な名前のある病気。

年齢とともに治るとは言われてるんだけど、度々嘔吐を繰り返すので大変なんです。
でも、症状がひどい人だと脱水がひどくて入院になったりするそうなんで息子の場合はまだ軽症なのかもしれません。

だけど、嘔吐がひどいってことは口の中が酸性になりやすく歯が弱くなるそうなんです。
同じ病気の子どもを持つお母さんたちとSNSで交流し情報交換をしていますが、重篤なお子さんは前歯が全部溶けてしまったそうなんです!
酸蝕歯って言うらしいんだけど、怖いですよね。

そのお母さんから、普段から予防歯科に気をつけてあげた方がいいよって言われました。
予防歯科、子供の場合は歯石を取ったりはしないだろうけど、フッ素を塗ったり定期的な歯の検診をしてあげることですよね。
歯の事も含めて、早く息子の病気が治ることを祈るばかりです。
特効薬がないけど、その子に合う薬や治療法ってのがあるみたいで早く巡り合いたいなぁ。

Liquid Blank Theme By Kozmik. Proudly powered by WordPress