Monthly Archives: 3月 2018

引きこもりの支援をしてくれる


社会に出ることを怖がっていた、子どもにどうにかして、社会にでてほしくて、たくさんのことをしてきた。
しかし、ふと空回りしているのではないかと思った。
引きこもりになってからは、会話もあまりしなくなり、人と接することに怯えているようにもみえた。
自分がそうではなかったから、わからないという気持ちももちろんあり、理解をしようとしてもなかなかできなかった。
理解しなくてもいいのではないかと思ったのだ。
理解できないことも世の中には、たくさんある。
だから人生は、楽しいのだよと教えていってあげようと思った。
そんなときに引きこもりの子たちが通っている支援の場所を教えてもらった。
少しでも人とふれあえたらと思い、誘っていってみた。
すると、帰りにまたいきたいといってくれたのだ。
雰囲気が好きだったのか、引きこもりの支援が一歩進めたことが、嬉しくて仕方がなかった。
この子のペースで前に進むことに意味があると思った。
そこからは、楽しめているようにみえた。
しばらくして、社会復帰もできることになり、あのときに支援にいって本当によかったと思った。
人生を変えれたときだと思った。

Liquid Blank Theme By Kozmik. Proudly powered by WordPress