Monthly Archives: 12月 2018

弁護士を通して養育費の取り決めをします


離婚したのですが、養育費の取り決めを行っていなかったので、これから弁護士さんにお願いして申し立てをしようと思っています。
そこで気になるのが費用です。
初めての事なので、一体どうすれば良いのかわかりません。
しかし、きちんと弁護士さんに入ってもらって、取り決めをしないと、ずっとモヤモヤしたままになってしまいます。
親に相談したところ、まず自分で調停を申し立てるのが良いのではないかと言われました。
実は、家事調停を自分自身で申し立てる人は結構多いらしいです。
申立書の書き方なども、裁判所に相談すれば、教えてくれると言われました。
最初から弁護士を頼まなくても、自分で出来ることをやってみれば、費用を抑えることが出来ると言います。
しかし、自分でできるか心配ですし、調停に応じてもらえなかったらどうすれば良いのでしょうか。
調停に出てきてくれるとは思いますが、こちらに少しでも有利に話を持っていくには、やはり弁護士さんにお願いしたほうが良い気がするのです。
まずは、費用を知りたいです。
その費用を知ったうえで、どうするのがベストなのか、考えたいと思います。

留学先を決めるときは物価を意識することも


海外留学をすることで、これまでできなかった貴重な経験ができます。
また、海外から日本をみることで、日本の良さを再認識する機会にもなります。
さらに、人気の留学先には世界各地から訪れることも多いため、世界中に友だちをつくることも可能です。
このように、留学を通じて得られるメリットを考えると、事情が許すのなら留学したほうがよいかもしれません。
しかし、留学のためには多額の費用が掛かるとの覚悟が必要です。
また、アメリカをはじめ、物価が高い国も少なくないため、行き先選びは慎重に検討しましょう。
その一方で、物価が安い国もあり、留学先としても注目されています。
フィリピン留学も選択肢のひとつ。
ちなみに、フィリピンの公用語は英語とフィリピン語です。
また、英会話教室の講師にフィリピン人が多いことも大きな特徴となっています。
さらに、定年退職後などに移住する人の間でも人気の国です。
その理由として、年間を通じて過ごしやすい気候のところが多い、物価が安いなどが挙げられます。
海外で不安なく過ごすには、経済的に安定することも不可欠ですよね。
これは、海外留学にも通じる話です。
留学を検討中のみなさんは、ぜひとも参考にしてください。

Liquid Blank Theme By Kozmik. Proudly powered by WordPress