息子には予防歯科に力を入れたいなぁ…


今年から小学三年生の息子は、三歳くらいの頃からある持病があるんです。
定期的に嘔吐を繰り返す病気「自家中毒」と呼ばれたり「周期性嘔吐症」「アセトン血性症候群」など様々な名前のある病気。

年齢とともに治るとは言われてるんだけど、度々嘔吐を繰り返すので大変なんです。
でも、症状がひどい人だと脱水がひどくて入院になったりするそうなんで息子の場合はまだ軽症なのかもしれません。

だけど、嘔吐がひどいってことは口の中が酸性になりやすく歯が弱くなるそうなんです。
同じ病気の子どもを持つお母さんたちとSNSで交流し情報交換をしていますが、重篤なお子さんは前歯が全部溶けてしまったそうなんです!
酸蝕歯って言うらしいんだけど、怖いですよね。

そのお母さんから、普段から予防歯科に気をつけてあげた方がいいよって言われました。
予防歯科、子供の場合は歯石を取ったりはしないだろうけど、フッ素を塗ったり定期的な歯の検診をしてあげることですよね。
歯の事も含めて、早く息子の病気が治ることを祈るばかりです。
特効薬がないけど、その子に合う薬や治療法ってのがあるみたいで早く巡り合いたいなぁ。

Liquid Blank Theme By Kozmik. Proudly powered by WordPress