税理士と顧問契約を結ぶ?結ばない?


会社を経営している多くの経営者が税理士と顧問契約を結んでいますが、中には税理士をつけていない経営者もいますよね。
税理士をつけない事にもメリットはあり、なんといっても顧問料がかかりません。
税理士にかかるコストは高く、収益を圧迫する場合もあります。
また税理士を顧問契約を結ぶと必要な手間がかかり、通帳や
契約書のコピーなどそれなりに整理整頓をする必要があり、自分で会計や税務の処理ができればリアルタイムで経営を把握することができます。
税理士をつけない事にもメリットがありますが、デメリットもあります。
それは決算や申告の正確性に疑問が生じ、経理職員を雇うよりも税理士に任せた方が安上りです。
また会計や税務などの作業を行っていると、本業に集中することができなくなるので税理士と顧問契約を結ぶ経営者がほとんどなのです。
税理士と顧問契約を結ぶかどうかは経営者次第ですが、もし税理士を探しているなら税理士紹介サービスを利用してみるといいですよ。
あなたの要望にあった税理士を無料で紹介してくれるので、税理士探しの手間を省くことができます。

Liquid Blank Theme By Kozmik. Proudly powered by WordPress